サイト作成

バリュードメインでドメイン取得し、さくらインターネットで運用しているサイトのgoogleサーチコンソール(google Search Console)の新しい設定手順

googleサーチコンソール (旧称「Google ウェブマスター ツール」 )を利用したかったのですが、初心者で無知であったため、イロイロ調べてもよくわからず時間がかかったのですが、なんとか設定を終えることができたので紹介します。
ネット情報の中には古い登録方法などもあるので注意して下さい。
また私の間違い、勘違い、説明不足、理解不足等ありましたらすいません。

目的
googleサーチコンソールのドメイン所有権の確認

私の環境
 ドメイン・・・バリュードメインで取得
 サーバー・・・さくらインターネット

作業
 本来であれば設定自体は10分もかからず簡単なモノでした

私の失敗
勘違い してサーバーを借りているさくらインターネットで設定しようとしていたこと。

正しくは ドメインを取得したバリュードメインの方で設定していきます。

ただエックスサーバー の場合のみ、サーバー側からでも簡単に設定できるようになっています。さくらインターネットとは違うこと、混同しないように注意する必要があります。

以下設定手順になります。
 滅多に触ることのない部分ですが 作業自体は簡単です。
 ただ DNS設定は失敗してしまうとHPが表示されなくなるので注意。

1.googleサーチコンソールの設定情報の確認

まずgoogleサーチコンソールで サイトの登録をしていき躓いた部分。
「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」画面、発行された自分用のTXTコードを確認・コピーしておきます。

大事なのでもう一度
TXTコードは 「google-site-verification=」から始まる68字の文字列 をコピー

googleサーチコンソールの画面

2.自分のホームページのIPアドレスの確認

ドメイン/IPアドレス サーチ 【whois情報検索】 か レンタルサーバー情報で確認しコピーしておきましょう。
※初心者の私は両方で確認したら安心できました♪

大事なのでもう一度
レンタルサーバーのIPアドレスをコピーする

サーバーでIPアドレスの確認

3.バリュードメインのネームサーバー変更

バリュードメインに移動しネームサーバーの設定を選択

これまで さくらインターネットのネームサーバーからバリュードメインのネームサーバーに変更する。

変更前

クリック一つでバリュードメインのネームサーバーに変更


変更後

そして保存
※保存するを忘れないように。


4.バリュードメインでDNS設定

いよいよ最後の段階
バリュードメインのDNS設定画面でDNS設定とgoogleサーチコンソールの設定を実施。

準備品として1のgoogleサーチコンソールの設定情報と2のサーバーのIPアドレス必要になります。

DNS設定画面に移動

まず a @ IPアドレス と表示されていると思いますが、
a @ を残して、IPアドレスを自分のサーバーIPアドレスに書き換えます。

注意として a @ IPアドレスには「半角スペース」が含まれています。
この「半角スペース」を消したり追加したりしないで下さい。

a 「半角スペース」 @ 「半角スペース」 IPアドレス ということです。

次に この下にgoogleサーチコンソールの取得コードを下の行に貼り付けるんですがそのままではだめで 先頭に txt @ を加えて張り付けます。

ここでも「半角スペース」を txtと@、@と取得したTXTコードの間に入れます。

だから

txt 「半角スペース」 @ 「半角スペース」 googleサーチコンソール の取得コードになります。

▼設定が終わったらこんな画面になると思います。

そして忘れずに保存
 ※その他の設定項目はそのままで。

以上で設定は完了です。

5.所有者の確認

設定が完了してもすぐには所有者の確認ができません。
 最大48時間かかるようです。

こんな画面になる。。。

私の場合 30分ほどで確認とれてホッとしました。これでgoogleサーチコンソールの機能が使えるようになりました。

所有権の確認

まとめ

  • googleサーチコンソールでTXTレコードを取得
  • レンタルサーバー(さくらインターネット)のIPアドレスを確認する
  • バリュードメインでDNS設定する (A・TXTレコードの入力)
  • googleサーチコンソール に戻って確認をおす

-サイト作成

Copyright© My happiness , 2020 All Rights Reserved.